ケーキやアイスを食べると肌荒れの原因になるの?【脂質は危険】

ケーキ
ケーキやアイスクリームを食べると太るから、ダイエット中は食べるのは我慢しようかなと考える方はたくさんいらっしゃるはずです。


実際に、ケーキのような洋菓子に含まれている『脂質』と『ショ糖(白砂糖)』の組み合わせは、おデブになりやすい極悪ペアですので、痩せるためには食べ過ぎには注意をしなくてはいけません。


しかし、そのようなスイーツがお肌に悪いかどうかを気にしていない方は意外に多いように感じます。


では、実際のところそれらの食べ物はお肌にとって悪いものなのでしょうか?それとも、特に問題はないのでしょうか?

脂質は肌にとっては悪影響

アイスクリーム
さて、先ほどの『スイーツはお肌に悪いのか?』についての問いに対する答えですが、結論をお伝えすると脂質を多く含むケーキやアイスクリームは肌状態の悪化の原因となります。


つまり、あなたが痩せていてスリムな体型としてて、『体重が少しくらいなら太っても良いから、好きなケーキやアイスやプリンを好きなだけ食べても良いでしょ?』と考えるのは危険だということです。


たしかにスリムな方が食べて、体重が増えたとしても標準的な体型になるだけかもしれませんが、肌状態が悪化することは避けられません。なぜなら、肌荒れを含むコンディション悪化の原因はスイーツに含まれる脂質を摂取することだからです。


つまり、体重が増えることが肌荒れの直接的な原因ではありません。


脂肪分を多く含む食品を摂取することは腸内環境の悪化から活性酸素の増加や、ドロドロ血液につながるんですね。


そして、活性酸素が増加してしまうと、肌老化が進むために、肌の色くすみが出てしまい、ハリがなくなりダメージに弱くなります。


さらに、血液がドロドロな状態になると、血流の低下から肌代謝が低下するために、肌のターンオーバー周期も乱れて、新しい肌の生成が遅れてくるんです。


そのような状態でいることは、ダメージに弱い肌荒れしやすい皮膚につながりますので、肌にとっては良いはずがありませんよね。ですから、洋菓子のようなスイーツは食べ過ぎないように注意をしましょう。


同じスイーツでも、お団子、どらやき、お饅頭のような和菓子系のスイーツの場合、脂肪分が少ないためそのようなスイーツはお勧めです。

団子を食べる女性

ちなみに私の場合、あんこが大好きなので1週間に一度のお楽しみで、どら焼きやタイ焼きのような焼き物系の和菓子を食べています。最近は、コンビニでもおいしいどら焼きが買えますので、良かったら試してください。


本当は何も食べないのが良いのですが、それはそれでストレスが貯まって美容に悪影響を与えますから、1週間に1回のお楽しみにするのはお勧めですよ^^


3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ