皮脂は女性の肌にとって良いのか悪いのかどっち?

考える女性
肌の表面に存在する皮脂が肌コンディションを保つためには、重要なのかそうでないのかという議論は美容界では昔からよくされていることです。


また、先日書店に行ったときにも、『皮脂を取り除かずべきでない』、『顔をあらうときには石けん・洗顔フォームを使ってはいけない』、『頭はシャンプーや石鹸で洗ってはいけない』という内容の本がありましたので、現在でもその議論はされていることが分かります。


では実際、皮脂は肌に良いものなのか?それとも悪いものなのかどちらなのでしょう?気になるところですよね。


そこで、その答えと理由を以下に解説させていただきます。その内容を読んで頂ければ、皮脂に対してどのような対応をとるべきなのかがきっと分かって頂けるはずです。

問題なるのは古い皮脂

先ほどの問い対する答えについてですが、皮脂そのものは実は悪いものではありません。そもそも皮脂とは、脂分になりますが、保湿のための働きもあります。


たしかに、保湿効果の面でみると、油分の保湿効果はセラミドやヒアルロン酸と比較するとかなり劣るのですが、ゼロではありませんので、肌の水分を逃がさないためには少しは役に立ちます。


しかし、皮脂に実は大きなデメリットがあります。それは、すぐに酸化をしてしまう不安定な物質ということです。


元々は皮膚に害を与えるような成分では無くても、酸化してしまえば肌にとっては害悪な成分へと変わってしまいます。


例えば、酸化した皮脂は次のような悪い影響です。

  • 湿疹、ニキビの原因となる
  • 毛穴周辺にダメージを与えるので、毛穴が広がる
  • においの原因となる

女性にとっては、正直イヤなことばかりですよね?


たしかに、皮脂が発生した段階では肌にとっては悪いものではなくても、時間が経って酸化した途端に以上のような悪い影響があるのでしたら、顔の皮脂はしっかりと洗顔をして取り除かなくてはいけません。


それから、洗顔フォームの界面活性剤の方が皮脂よりも悪い影響を与えると考えている方もいらっしゃるかもしれません。たしかに界面活性剤は肌には悪いものですが、そのようなものは使わなければ良いだけです。


顔を洗うときには、洗顔フォームではなく、洗顔石鹸を使用するようにしましょう。石けんの場合は洗剤成分は石鹸剤ですので、界面活性剤よりも肌には優しいとされていますから、安心して使用をすることができるはずです。


例えば、私の場合は無添加の『タナカミネラルソープ』を洗顔に使用しています。以下の記事からレビューと当サイトでの採点をご覧いただけますので、よろしければチェックしてみてください。

タナカミネラル石鹸
タナカミネラルソープの泡立ち
⇒ タナカミネラルソープのレビューと感想【自腹購入済みの口コミです】


それから皮脂がなくなると、肌が乾燥すると考えている方が多いようですが、それこそ誤った考えと言えます。


肌が乾燥する主な原因は、保湿成分であるセラミドが皮膚から減っていくからです。ですから、乾燥肌の対策は皮脂を取らないという方法ではなく、セミラドを補給するやり方の方が理にかなっていますよ^^


洗顔をして皮脂をとっても、その部分がカサカサになってすぐにシワができるなんてことはありませんので、酸化した皮脂をとって肌に優しい状態を保つことを心がけてくださいね。


3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ