シート状パックでの乾燥肌対策をおすすめしない理由

シートパックをする女性
簡単に乾燥肌対策の保湿ができるとして、シート状のパックが人気となっています。たしかに、初めから顔に合わせた形状のシートになっており、顔にはりつけるだけで簡単にパックができる便利さはあります。


しかし、このシート状のパックについては、何も考えずに盲目的に使うことはやめてください。


なぜなら、シートタイプではパック本来の目的を果たせない可能性あるからです。その理由については、以下に説明させて頂きます。

パックの目的は潤いを肌の奥まで届けること

考える女性

まず、シート状のパックをお使いになっている方に確認したいのですが、肌にパックをする目的をきちんと理解されていますか?


そもそも、そのようなケアをする目的は、肌の奥まで潤いを届けることです。


つまり、いくらパックによるケアを実践したとしても、表皮の置くの部分に水分を届けることができなければ、わざわざ手間と時間をかけてお手入れをする必要がありません。


では、どうしてパックをすることで肌の奥までしっかりと水分を届けることできるのかと言うと、皮膚の部分を密閉して水分を逃がさないためです。


つまり、肌の表面の部分を密閉できるかどうかが重要になってきます。しかし、シート状の場合、材質が紙のため当然ですが密閉力は弱くなります。


というより、紙を肌の上にのせているだけですから、密閉はほとんどされないです。


そのような状態で、水分を逃がさないようにはできるはずがありません。残念ながら、パックにしみこんだ成分は肌の奥まで浸透することは難しく、すぐに蒸発をしてしまうことになります。


たしかに、肌の表面の部分はシートに含まれる成分でぬれますので、一見すると保湿をされたように感じますが、それは皮膚の部分に水分がついているだけですので、奥まで浸透しているわけではありません。


紙パックを肌に乗せておくくらいなら、美容液やクリームを丁寧に手でつつみこむように塗った方がよっぽど良いケア方法です。


以上をまとめると、シートやマスク状のパックを使用することはお金も時間ももったないですから、実践をしない方が良いと言えます。


もし、パックでのケアをしたい場合は、肌に直接塗る石こう状のタイプの方が価値がありますので、そちらを実践するようにしてください。


また、石こう上のパックが面倒という方は、美容液はクリームでしっかりと保湿ケアをしていれば、冬場でよっぽど乾燥をするとき以外は特に必要がないお手入れの方法です。


具体的にどのような基礎化粧品を使えば良いのかについてですが、当サイトで『イチオシのアイテム』、『おすすめのアイテム』を以下のページで紹介していますので、よろしければそちらをご参考にしてください。

1.『保湿くらぶ』のイチオシなスキンケアアイテム

2.『保湿くらぶ』のおすすめスキンケアアイテム


マスクや紙タイプのパックにかける時間とお金は、美容液やクリームにかけた方がコストパフォーマンスの高い賢いケア方法ですので、そちらの方を優先して実戦するようにしましょう。


私もパックでのケアは今はしていませんが、十分満足できる保湿ができています^^


3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ