市販の野菜ジュースはビタミンや酵素が破壊されているので肌に良くない

野菜ジュース
肌を美しい状態に保つためには、美容液やクリームを使用したスキンケアに加えて、体の内面からケアをすることがとても重要になってきます。


例えば、睡眠、食事、運動がその代表的なものです。その中でも仕事や家事で忙しい女性がおろそかになってしまいがちなので、食事ではないでしょうか?


仕事で遅くまで残業する日が続いてしまうと、家に帰ってから自炊をするということが難しいので、どうしても外食やコンビニ弁当が中心の食生活になりがちです。


そのような食生活では肉系やフライ系のおかずが中心になり、野菜不足の状態になってしまいます。


『でも、私は毎日野菜ジュースを飲んでいるから、外食やお弁当でも全く問題ないでしょ』


もし、あなたが上記のように考えていて、ジュースを飲むことで普段の野菜不足を補おうとしているなら、その考え方には大きな問題があります。その理由は野菜ジュースでは『ある栄養』をしっかり摂取することができないからです。


野菜ジュースはビタミンと酵素を破壊する

野菜が肌に良い大きな理由は、活性酸素に打ち勝つための抗酸化作用を持つビタミンA、C、Eと代謝活動をサポートするための酵素を豊富に含んでいるからです。


しかし、それらの栄養成分は熱に弱いため、長時間に渡り加熱をすると、その活動が停止しまいます。


市販の野菜ジュースは商品分類で言えば、清涼飲料水にあたるのですが、それに該当する製品は商品出荷の前に一定時間、決められた温度で加熱殺菌をすることが義務つけられています。


つまり、その過程で熱に弱いビタミンや酵素が死滅しまうんですね。これがジュースで野菜不足を補おうとすることがダメな理由です。


せっかく野菜ジュースを飲んでも肌に良いビタミンや酵素を補給できないのでは意味がありませんからね。ですので、野菜を摂取するために、市販のジュースでカバーするという考えはやめておきましょう。


また、料理をする時間も無いという方にお勧めしたいのが、スロージューサーを使用した自家製の野菜&フルーツジュースです。


なお、自家製ジュースを作るときには、高速タイプのジューサーやミキサーではなく、必ず低速回転のスロージューサーを選ぶようにしてください。


なぜなら、高速回転タイプの場合、摩擦熱により酵素やビタミンといった栄養を破壊してしまう可能性があるからです。一方低速タイプの場合、素材を粉砕するのではなくじっくりと力を加えて、エキスを押し出すようにジュースを作りますので、素材が過熱されることはほとんどありません。


高速タイプのジューサーやミキサーと比べると、高額にはなるのですが、美肌のために重要な栄養を簡単に摂取するためにはぜひお勧めしたいです。


私自身、ヒューロム社のHU-300という低速ジューサーを使っているのですが、本当に簡単にジューススタンドで飲むような美味しいフレッシュドリンクができるので、重宝しています(下記画像はパインジュースを作った時のものです)。何より、お片付けも簡単なのが嬉しいですね^^

パイナップル
ヒューロムHU300
パインジュース


3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ