HABAのスクワランで保湿の効果が全く出なかった【50代・母の話】

先日、実家に帰ったときに母がある保湿用の化粧品について、ものすごく怒っていたので、その話をご紹介したいと思います。ちなみに私の母は50代で、乾燥が気になる年齢ですね。


その保湿用化粧品とは、『HABA(ハーバー)のスクワラン』という製品です。15mlボトルが1000円で手に入るキャンペーンも頻繁に実施されているので、ご存じの方も多いかもしれません^^

HABAスクワラン

どうやら、私の母も新聞に掲載されていた広告を見て、1000円ならダメで元々という気持ちで購入したそうでした。


で、その母が届いたスクワランを使ってみた感想がこちらです・・・

『これ使ったんだけど肌がベタベタするだけで、全然保湿ができなかった!』


いやぁ、ものすごい勢いで怒っていました。ダメ元で買ったのに、そんなに腹を立てちゃいけないと思うんですけどね・・・^^;


ただ私が気になったのが、スクワランの保湿効果についてでした。本当に母が言うように効果が低いものなのでしょうか?

スクワランの保湿効果

個々の化粧品の保湿効果というものは、そこに含まれる保湿成分により大きく左右されます。保湿成分とその効果については、以下の記事で開設していますので興味のある方はそちらをご覧になってください。

■参考記事:乾燥肌を解消するための保湿美容液の選び方【冬じゃなくても重要!】


参考記事でも書いたように、現在開発・発見されている保湿成分の中でも最も保湿力が高いとされているのが、水分を挟みこむ『セラミド』と呼ばれる成分です。


その次に水分の保持力があるのが『ヒアルロン酸』、『コラーゲン』、『エラスチン』のような水分を抱えこむタイプの成分となります。


つまり、保湿のために最優先で使うべき成分は『セラミド』と言えるんですね。私自身、美容液、クリームにはセラミド配合の製品を使用しています※。


※私が現在愛用中の美容液、クリーム、ジェリーがこちら(↓)の画像に掲載しているものです

セラミドを含む化粧品
  • 美容液:ローションセラムE(ディセンシア)
  • クリーム:ヒフミドクリーム(小林製薬)
  • ジェリー:アクアリスタ(フジフィルム)

ここまで、ご覧になってお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、HABAのスクワランに含有されている『スクワランオイル』は、実はそれほど保湿効果のある成分ではありません。


保湿方式としては、油でフタをするという考え方の保湿方法ですでの、昔ながらの古典的な方法と言えます。ですので、決して保湿効果の高い成分ではないんですね。


つまり、母が言っていた『保湿効果を感じられなかった』という発言は間違っていないと私は思います。とりあえず、母には保湿のためにはセラミドという成分が最も重要であることと、私が使ってみた良かったスキンケアアイテムを紹介しておきました。

⇒ 敏感肌・乾燥肌向け予算別スキンケアセット【保湿くらぶがガチで選んだ】

※ 私が使用しているスキンケアアイテムは、上記ページで紹介している『1万5千円プラン』となります。


これで母も正しい保湿対策ができるはずですので、肌の状態も徐々に潤っていくでしょう^^


ちなみに母が購入したHABAのスクワランは15mlで1000円という価格だったそうですが、1000円があればセラミドが配合されたクリームも試せる小林製薬のヒフミドのお試しセットを買うことができますので、保湿のためならそちらを取り寄せた方が良いと思います。

ヒフミドトライアルセット
小林製薬・ヒフミドのトライアルセットは次の小林製薬の公式サイトから注文が可能です。

⇒ ヒフミドのお試しセットはこちら【小林製薬公式サイト】



3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ