保湿に効果のある野菜はどれ?【あなたは摂取していますか】

悩む女性
以前に次の記事で肌の老化を予防するためには、活性酸素に対抗できる抗酸化作用のある野菜を摂取することが重要であるとお伝えしました。

■参考記事:肌の老化対策に効果ある野菜のまとめ【抗酸化作用があるのはコレ】


上記の記事では、ビタミンA、C、Eを含む野菜や果物をしっかりと摂取することが大切だと書いています。では、その中で肌に潤いを与える保湿のためには、どれが大切かというとビタミンAとEです。


それぞれの役割についてですが、ビタミンAについては肌を丈夫にするため、ビタミンCは紫外線の対策のためには働きます。どちらも肌にうるおいを与えるためには必要になってくる大切な成分です。


では、肌の乾燥対策に重要なビタミンAやCをはどのような野菜や果物に含まれているのでしょう?それらを含む代表的なものを以下に掲載しますので、そちらをご確認ください。

ビタミンAとCと多く含む野菜と果物

ビタミンA

にんじんの画像
ビタミンAを含む野菜:にんじん、かぼちゃ、ホウレンソウ、トマトなど


上記のビタミンAを含む野菜を見てみると、色が濃くて鮮やかな野菜が多いですよね?いわゆる緑黄色野菜というものです。


緑黄色野菜には、βカロテン(ベータカロテン)が多く含まれており、それらが体内でビタミンAとして働くようになります。


先ほどお伝えしたように、ビタミンAは肌を丈夫にして老化を予防することを期待できるのですが、それはベータカロテンの効果のおかげなんですね。


ビタミンC

じゃがいもの画像
ビタミンCを含む野菜:じゃがいも、カリフラワー、イチゴ、キウイなど


ビタミンAは緑黄色野菜という色がハッキリした野菜が多かったのですが、ビタミンCの場合はカリフラワーやじゃがいものような色の淡い淡色系の野菜に多く含まれています。


また、果物に多くふくまれていることも特徴でイチゴ、キウイなどの食べやすいフルーツにも含まれているんです。


このビタミンCは肌にとっては重要な成分であり、紫外線によるシミを防止するための対策として毎日しっかりと摂取しておく必要があります。


ただし、ビタミンCは熱に弱い性質がありますので、加熱調理をするときには短時間で調理する工夫が必要です。


以上がビタミンA、Cを多く含む野菜と果物についての紹介でした。


それから、ビタミンAとCは肌の保湿のためには重要だとお伝えしましたのが、肌自身をつくる栄養素であるタンパク質もしっかり摂らなくていけないので、注意をしてください。


ちなみにタンパク質はお肉、牛乳、卵、大豆などに多く含まれている栄養素です。


いくら野菜や果物でビタミン類を補給しても、肌の元であるタンパク質を摂取しなくては意味がありませんからね^^


3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ