乾燥肌に必要なの水分じゃありません@化粧水での保湿は危険!

水分
乾燥肌や敏感肌の方が実践しているケアの中には、『保湿のために良いと思ってやっていたことが、実は逆効果だった』なんてことがよくあります。そして、その1つがお肌にうるおいを与えるために、とにかく化粧水をつけまくるという行為です。


しかし、これには雑誌やテレビが間違った情報を提供していることにも問題があると私は思います。美容雑誌の特集を見ても、『乾燥肌の女子は化粧水をケチケチ使わずに、バシャバシャ使え!』なんてことが平気で書いてありますからね。


実際、この記事を読んでくださっている方の中にも、そのような雑誌やテレビの特集を読んで、日中にオフィスや家にいるときにも、スプレータイプの化粧水を使うことを始めたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?


ですが、もしそのような対策をしているのだとしたら、今すぐにやめてください。そんなことをしては、潤うどころか乾燥を進めてしまいかねません。


そもそも化粧水を付けてしまうと、肌の表面に付着した水分が周囲が乾燥したときに、肌の水分と一緒に蒸発してしまうんですね。そのため、化粧水をつければつけるほど、肌が乾燥するスパイラル現象が起きてしまいます。


「でも、化粧水でもヒアルロン酸やコラーゲンが配合されているような製品だったら大丈夫なんじゃないの?水分だけだったら、効果が無いって言うのもわかるんだけど・・・」


たしかに、ヒアルロン酸やコラーゲンは保湿力のある成分です。しかし、周囲の環境変化に弱い物資でもあります。そのため、暖房やクーラーの効いた乾燥した部屋にいるときには、大きな効果を期待できないんですね。そのため、たとえそれらの成分が配合されていとしても、化粧水を付けることは危険と言えます。


では、肌を保湿をするためにはどのようにすれば良いのでしょうか?続いて具体的な対策について、詳しく紹介させて頂きます。

保湿とは肌に水分を保つこと

保湿を気にする女性
保湿のことを化粧水を使って外側から肌に水分を与えることを勘違いしている方が多くいますが、実はそれは誤った考えです。保湿とは字の通り、『水分(湿気)を保つこと』となります。


つまり、乾燥肌や敏感肌の対策には、元々肌にある水分を逃がさないことが重要になるんですね。それができれば、徐々に肌環境が整っていき、肌に潤いが出てきます。


そして、その保湿のために重要となるのが、『セラミド』と呼ばれる成分です。この成分は水分との相性が良い成分となります。そのため、セラミドが肌の内部にある人は、周囲の湿度が下がって乾燥しても肌が水分を逃がしません。ですから、肌内にセラミドがたっぷりとある方は、化粧水なんかしなくても肌が潤っているんですね。


ちなみに、赤ちゃんの肌がプルプルに潤っているのはセラミドが肌内にたっぷりと存在しているからです。なお、このセラミドという成分は、年齢が30歳を過ぎると体内で急激に減少していきます。ですから、しっかりと美容液やクリームを使って補給してあげることが保湿のためには重要です。


なお、私の場合は美容液にはディセンシアの『ローションセラムE』、クリームには小林製薬の『ヒフミドクリーム』を活用中です。どちらもヒト型セラミドが豊富に配合されている割に、料金がお手頃ですから、高評価のスキンケアアイテムとと言えます。

つつむとヒフミド
それぞれの詳しい評価については、次の記事で紹介していますので、カサカサ肌をなんとかしたいという方はご覧になってみてください。


美容液ローションセラムEのレビューはこちらです(↓)
⇒ ディセンシア・つつむトライアルセットのレビューと感想【自腹購入済み】


ヒフミドクリームのレビューはこちらです(↓)
⇒ ヒフミドの感想とレビュー【実際に使用してみた口コミ情報】

今でしたら、どちらの商品もトライアルセットが販売されていますので、気軽に試すことが出来ますよ。


3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ