乾燥肌のニキビ対策で重要なケア方法【Ray2013年11月号】

私はファッション雑誌が大好きで、毎月数冊を購入して読んでいるのですが、その中で特集されているスキンケアやメイクの特集が大好きなんですよね^^


ちなみに今月買った中では『Ray11月号』が掲載されていた『肌タイプ別スキンケアの正解ガイド』が興味をひかれる内容で、楽しく読むことができました。

ray11月号

その中でも、気になった内容が『乾燥肌なのにできるニキビはどうしたら良いの?』という疑問とその回答です。

ray11月号ニキビ

Rayでは、「乾燥肌でニキビができるのは、肌の内側に水分が不足している状態(インナードライ)が影響しているから、化粧水でセラミドやヒアルロン酸を補給してしっかりと保湿することが重要」という解決案が紹介されていました。


たしかに、この内容自体は間違っていなく、正しいと言える内容です。


お勧めスキンケアアイテムとして、ディセンシアの『ローションセラムE』を紹介していますが、このアイテムも私が十背際に使用して良かった物ですし、当サイトでも高評価を獲得している保湿アイテムですので、紹介している商品も真っ当と言えるでしょう※。

ローションセラムE

※Ray11月号でも紹介されていた、ローションセラムEのレビューは以下の記事で紹介していますので、興味のある方はご覧になってください。

参考記事:ディセンシア・つつむトライアルセットのレビューと感想【自腹購入済み】


しかし、辛口な意見言わせて頂くと、乾燥肌のオトナニキビの対策の場合、ローションセラムEでの保湿ケアだけでは物足りないと私は考えます。できれば、それにプラスしてあるケアをするべきです。


具体的にどのようなケアをするかについてですが、以下で詳しく紹介します。


大人ニキビの大きな原因は活性酸素

大人ニキビの主要な原因と知られているものに、『アクネス菌』と呼ばれる毛穴に生息している菌があります。


某ニキビ治療薬の宣伝でも、よく登場する言葉ですから、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?


しかし、この菌に関しては、普段から洗顔でしっかりと皮脂を取ることができていれば、過剰に繁殖することはありませんので、ほとんと方の大人ニキビにとっては大きな問題になっていないように感じます。


もちろん、正しい方法で洗顔できていない人は、アクネス菌を退治することができていませんので、洗顔方法や使用するアイテムに自信の無い人は以下の内容をチェックしておきましょう。

参考記事:肌を傷つけないための正しい洗顔方法【あなたのやり方は大丈夫?】


では、洗顔がきちんとできているのに、ニキビができる原因のはどうしてなのか?その大きな原因となってるのが『活性酸素』です。

アドバイスする女医
一度ニキビ肌になると、その部分が炎症を起こすのですが、それを悪化させているのは活性酸素となります。しかも、活性酸素の厄介なところ、皮脂のように洗顔すれば簡単に落ちるような物では無い点です。


「じゃあ、活性酸素はなくすのはあきらめるしか無いんでしょうか?」


いいえ、そんなことはありません。抗酸化力のあるビタミンC誘導体を肌に浸透させてあげれば、活性酸素の影響が抑えることにつながります。


ですので、大人ニキビを抑えたいのでしたら、正しい洗顔、セラミド成分を含む美容液で保湿、そしてビタミンC誘導体を浸透させることで抗酸化力の強い肌を目指しましょう。


そして、肌へビタミンC誘導体を浸透させる際には、より成分を浸透させるためにイオン導入器を使用することをお勧めします。いくら良いビタミンC配合のジェルや化粧水を使っても、それが肌へ浸透しなければ意味がありませんからね。


ちなみに私はイオン導入器として、活用しているのがるエステナードソニックROSEです。

エステナード

値段は多少高いですが、1年分のジェルがついてこの価格ですので、コストパフォーマンスは抜群に良い商品と言えます。何より、イオン導入器の性能が良く、リフトアップのための美顔器としても使えるので、それだけの価値はある商品です。


次のページでレビューを掲載していますので、よろしければご覧になってください。

⇒ エステナードROSEのレビューと感想【自腹購入した私の口コミ】

ニキビはひどい状態になると跡がずっと残る可能性がありますし、くせになると治りにくいですから、できるだけ早く治療に取り組むようにしましょう。


3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ