カサカサ乾燥肌の対策には保湿に効くセラミド入りの美容液を選べ!

美容液を選ぶ際に価格や口コミ情報を参考にされる方はたくさんいらっしゃると思います。しかし、まず第一に注目をしていただきたいのが、その美容液に含まれれている保湿成分が一体何なのかという点です。

女医
最近は、美白ブームということもあり、保湿よりも美白成分ばかりに注目してスキンケアアイテムを選ぶ人が増えてきていますが、美白を意識するのは肌がしっかりと水分を持ったプルプル状態になってからで十分です。


そもそも、老化した肌というのは水分が失われて、どんどんカサカサな状態になっていきます。言い換えれば、10代、20代のような若々しい肌は水分がたっぷり含まれている潤った状態をしています。


つまり、20代前半の頃のようなハリと弾力のある肌になるためには、保湿を第一に考えるべきなんですね。美白のようなケアを意識をするのは、土台の部分である保湿がしっかりとできてからにしましょう^^


では、保湿のためにはどのような成分を含む美容液を使用するべきなのでしょう?

保湿のためにはヒアルロン酸やコラーゲンよりもセラミド

保湿をする女性

数年前までは保湿のための成分と言えば、ヒアルロン酸やコラーゲンが主流でしたが、常に研究が盛んな美容・化粧品業界では、現在ではそれを上回る価値がある保湿成分が発見されています。


それが、最強の保湿成分とも言われている『セラミド』です。


セラミドの優れている点は元々人間の肌の内部にある物質のために、たっぷり使用をしても安全であるということでしょう。化粧品の場合、使う量が多いと肌荒れや炎症を起こす心配もありますが、セラミドの場合はそのような不安はほとんどありません。


また、セラミドにはバリア機能もあるため、潤いを与えるだけでなくダメージにも強くなることが期待できます。つまり、攻めのケアと守りのケアが同時にできる優れた成分なわけです。


ただ、そのようなセラミドにも当然ですが、デメリットもあります。


それは、成分自体の値段がとても高いということです。成分が高くなれば、それを使用する商品の値段も高くなります。


ですが、化粧品の中にはロクな成分にも入っていないにも関わらず、値段だけが高い詐欺まがいのような美容液やクリームが販売されていることも事実です。


そのような理由から、多少値段は高くてもセラミドのような保湿効果を期待できる成分が含まれている美容液やクリームを使用をすることを私はお勧めします。


ちなみに、私はセラミド配合の化粧品として以下の製品を活用中です。


■私が使用しているセラミドを含むアイテム
  • 1.美容液:ディセンシア・つつむローションセラムE
  • 2.クリーム:小林製薬・ヒフミドクリーム
  • 3.スペシャルケア:フジフィルム・アスタリフト アクアリスタジェリー

上記の中で、1、2については、『セラミド2』が配合されているのに、リーズナブルな価格で手にできますのでかなりお勧めです。


3のアスタリフトについては、正直少し高いですので、もう少し値段が下がると嬉しいかなと感じています^^;


お試し用のトライアルセットについては、1、2、3のどれも1000円付近の格安価格で試せるので、いきなり製品を購入するのではなくて、まずは肌に合うかどうかをそちらでチェックしてみるのが良いでしょう。


それぞれのトライアルセットについての当サイトのレビューは、以下の記事からチェックすることが可能です。


1.ディセンシア・つつむ

つつむトライアル
⇒ ディセンシア・つつむトライアルセットのレビューと感想【自腹購入済み】

※ ローションセラムE(美容液)を使用中です。


2.小林製薬・ヒフミド

ヒフミドトライアルセット
⇒ ヒフミドの感想とレビュー【実際に使用してみた口コミ情報】

※ ヒフミドクリームを使用中です


3.フジフィルム・アスタリフト

アスタリフトのトライアルセット
⇒ ジェリーアクアリスタの感想と評価【自腹購入しての口コミ情報です】

※ ジェリーアクアリスタを使用中です


以上、美容液選びで注目したい成分についてので解説でした。潤い肌になるために、セラミドが入ってるものを選ぶようにしてくださいね^^



3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ