保湿にはクリームが必要ないって本当?【30代以上は要注意です!】

保湿をする女性
肌に潤いを与えるためのケアするために、ほとんど女性が美容液を毎日使用しているはずです。


私自身も保湿のためにメイン使いのアイテムとして、セラミド2配合の美容液にディセンシアの『つつむ・ローションセラムE』という製品を使用しています(下記画像)。

ローションセラムE
⇒ ローションセラムEが入っているお試しセットはこちら


実際それだけほとんどの女性が使用しているため、化粧品メーカーも美容液の開発にはとても力を入れています。その証拠に最新の技術や成分は、他の製品よりも美容液に最初に導入されることがほとんどです。


一方で、クリームを使用している方は、美容液を愛用している方の数と比較すると少ない傾向にあります。特に20代、30代の女性は保湿のためにクリームを使用したケアはほとんどしていないようです。


ですが、クリームを使用した乾燥肌対策は本当にする必要がないのでしょうか?

30代以上は目元・口元へクリームは必要

クリームを使用したケアというのは、使用後にそのベタツキを強く感じるために、おそらく多くの女性が嫌っているのだと思います。


特に30代若い女性はその傾向が特に強いです。


では、本当にクリームによるケアが必要ないのかと言えば、残念ながらそんなことはありません。正直な話をすると、クリームによるケアが必要無いなんて言い切れるのは、10代、20代前半の方まででしょう。


20代後半から30代、40代、50代の女性にとっては肌にうるおいを与えるために、クリームによるケアをするべきです。というよりも、予算があるなら必須のケアの1つと言えます。


そもそも保湿にとって最高の成分である『セミラド』は、水には溶けにくい成分たのため、美容液よりもクリームに含ませやすい成分です。


ですので、質の高いクリームを選べば、より高濃度のセラミドを表皮から真皮へと届けやすくなります。そのため、目元や口元の皮膚が薄く、乾燥しやすくシワが目立つ部分については、クリームを使ってしっかり保湿を心がけなくてはいけません。


特に30代以上になって、顔表面の水分が減ってきている女性にとってはなおさらケアが必要です。私も現在30代中盤にさしかかろうとしていますが、クリームでのケアは毎日していますよ。


目元、口元はいつまでも深いシワが無い状態にしておきたいですからね^^


ちなみに、私自身は目元、口元用の保湿のために小林製薬の『ヒフミドクリーム』を使用しています。

ヒフミドクリーム
こちらの製品は、人間の肌に存在する保湿成分と同じ『セラミドⅡ』を4%も成分に含んでいるので、目元や口元の乾燥しやすくカサカサ肌になりやすい部分の対策にはかんりお勧めです。


たしかに、一般的なクリームと比較すると値段は高いのですが、一般的に1%以上配合されていれば良い製品だとされているセラミドが、これだけ高濃度に入っていることを考えれば、それ以上の価値は十分にあると思います。


ヒフミドクリームについては、小林製薬の公式サイトで取り寄せ可能な『ヒフミドお試しセット』に含まれていますので、興味がある方は、下記の公式サイトをチェックしてみくださいね。

⇒ 小林製薬公式サイトはこちら【トライアルは送料無料】

ヒフミドトライアルセット


3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ