微妙なスキンケアアイテム【保湿くらぶの評価】

こちらのページでは、今まで当サイト『保湿くらぶ』管理人しおりが自腹購入して実際に使用した中で、成分の割に値段が高いと感じる、肌に付けたときの感触が合わなかったなどの理由で『なんだか、微妙だなぁ』と感じたスキンケアアイテムを紹介しています。


※掲載している感想は、あくまで私個人の見解となります。なお、私自身は紹介する商品は全て自腹購入をした上で公平にジャッジすることは心がけていますので、その点を踏まえてご覧いただければ幸いです。

セラクレア・クワトロエッセンス

セラクレア美容液ボトル
セラクレア美容液
  • 当サイト評価:2.5点
  • 使用状況:管理人しおりはトライアルのみ使用
  • 対象者:敏感肌・乾燥肌、アンチエイジングをしたい方
  • 分類:美容液
  • 販売:日本デイリーヘルス株式会社(日本製粉グループ)

ココが微妙だった

一般的にセラミドと呼ばれている『ヒト型セラミド』は含まれていませんが、水と混じるとラメラ構造を形成する『スフィンゴ糖脂質』が成分としては、配合されていますので成分自体はそれほど悪いとは感じませんでした。


ただし、気になったのその値段です。トライアル品は、美容液、クリーム、化粧水、食べるゼリーのセットでたった980円で購入することができるのですが、いざ継続しようとすると美容液の『セラクレアクワトロエッセンス』は、32mlで8400円という価格です。


クワトロエッセンスは、トライアル1週間分が10mlの容量ですので、通常版の32mlでは約3週間しか持たないことになります。1ヵ月使い続けるとなると、1万円以上の費用が必要となる計算です。


『値段が高くなるのは、保湿成分の『スフィンゴ糖脂質』を浸透しやすいように、ナノサイズ加工しているからなので仕方ないことじゃないの?』とおっしゃる方もいるかもしれません。


しかし、私が使用している美容液の『つつむ・ローションセラムE』は、本物のセラミドをナノサイズ加工して、成分に配合していますが、120mlで3,570円で販売されています※。

ローションセラムEの口コミとレビューはこちら


そのような製品がある以上、私にはセラクレアクワトロエッセンスを高評価することはできませんでした。

⇒ クワトロエッセンスの詳細なレビューと口コミはこちら



ライスフォース・ディープモイスチュアクリーム

ライスフォースのクリームアップ
ライスフォースクリーム
  • 当サイト評価:2.5点
  • 使用状況:管理人しおりはトライアルのみ使用
  • 対象者:敏感肌・乾燥肌
  • 分類:美容液
  • 販売:株式会社アイム

ココが微妙だった

主要な保湿成分は『ライスパワーNo.11』と呼ばれるライスフォース独自成分です。こちらの成分は、有効成分と認められていますので、肌の潤いをサポートするには適していると言えるでしょう。


また、ヒアルロン酸やコラーゲンとの比較評価試験でも、それらの2倍以上の水分保持力があるという結果を得ていますので、それらを含むクリームよりは高い保湿効果を得られる可能性あります。


そのような結果を得ていますので、保湿力についた高く評価できるかと思います。しかし、気になったのが、その付け心地です。ベタツキ感がとても強く、私の場合は肌に塗った後にその状態で放置するのがかなり辛いと感じました。


油っぽいクリームが別に苦手じゃないという方には問題ないかもしれませんが、ベタベタするクリームが好きでない私から強くはお勧めすることはできません。

⇒ ディープモイスチュアクリームの詳細レビューと口コミはこちら



b.glen Cセラム

Cセラム
Cセラム美容液
  • 当サイト評価:2点
  • 使用状況:管理人しおりはトライアルのみ使用
  • 対象者:乾燥肌、アンチエイジング
  • 分類:美容液
  • 販売:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

ココが微妙だった

ビタミンC誘導体として『アスコルピン酸』が高濃度で配合されていることが特徴の美容液です。


成分を届けるためには、そのサイズを極小化(ナノサイズ)するか、濃度を高めることが基本的な方針になるため、CセラムでもビタミンC誘導体を高濃度にするという方針をとっています。


ただ、私が成分をチェックしたところ、アピールポイントとなるものはそれだけのように感じました。ちなみに、Cセラムの価格は、15mlで4900円です。これはいくらなんでも高すぎるのではないでしょうか?


この量をちょびちょび節約して1ヵ月使ったとしても、4900円の費用が必要となります。ビタミンCを届けるためだけに、そんなにお金を払うのは、私にはもったいないです。


また、最近ではビタミンCを肌内部へ届けるためには、イオン導入器を用いる方法が人気となっていますが、イオン導入ができる美顔器の『エステナードソニックROSE』のような製品は、ビタミンC誘導体を含んでいる美白ジェル込みでも、1ヵ月2000円台で使用できます※。

エステナードROSEの口コミとレビューはこちら


そのようなアイテムがありますので、私としてはここまで高いお金を支払って、Cセラムを使い続ける気にはなれませんでした。

⇒ ビーグレンCセラムの詳細レビューと口コミはこちら



b.glen モイスチャライジングゲル

モイスチャライジングゲル
モイスチュアライジングゲル
  • 当サイト評価:2点
  • 使用状況:管理人しおりはトライアルのみ使用
  • 対象者:敏感肌・乾燥肌
  • 分類:クリーム
  • 販売:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社

ココが微妙だった

保湿用のクリームですが、メインとなる成分は『ヒアルロン酸』と『コラーゲン』です。


たしかに、それら成分は水分含有力の高い成分ですので、油分やPG、グリセリン、1.3BGなどの保湿成分よりは良いと思います。


しかし、セラミドのような水を挟んで逃がさない『ラメラ構造』をつくる成分が、化粧品に配合されるようになった現在では、そられの成分だけでは保湿力の面で見劣りを感じてしまいます。


ヒト型セラミド配合で、『モイスチャライジングゲル』よりも1ヵ月あたりのコストが安い製品がある以上があるヒフミドクリームのような製品がある以上、申し訳ありませんが私としてお勧めすることはできませんでした※。

ヒフミドクリームのレビューと口コミはこちら


ビーグレンのモイスチュアライジングゲルのレビューは以下からご覧いただけます。

⇒ モイスチャライジングゲルの詳細レビューと口コミはこちら



3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ