ライスフォース・ディープモイスチュアの評価と感想【自腹購入済み】

ヒアルロン酸よりも高い水分保持力がある独自成分『ライスパワーNo.11エキス』が配合されたライスフォースのディープモイスチュアのトライアルセットを取り寄せて使用してみました。


そこで、こちらのページでは、ライスフォースのトライアルセットを実際に使用した感想と評価を公開しますので、生の口コミ情報をチェックしたい方はご参考にしてください。

ライスフォーストライアル

ひとこと感想:セラミド配合の美容液が苦手だという方には、ディープモイスチュアエッセンスはサッパリした感触なので代替品として検討するのには良い商品かと思います。クリームの方はベタツキ感が強くて、私にはイマイチでした。

トライアルセット商品概要

ライスフォースお試し
  • 商品名:ライスフォーストライアルキット
  • 販売:株式会社アイム
  • 価格:1,470円
  • 送料:無料
  • 返金保証:なし
  • セット内容:以下の製品がトライアルには含まれています
    ディープモイスチュアローション、ディープモイスチュアエッセンスディープモイスチュアクリーム、ディープクリアローション、ホワイトニングクリアエッセンス、ふきとりコットン

※上述したセット内容の6点の商品の中から、乾燥肌・敏感肌対策のために特に使用を検討して頂きたい赤文字の製品(ディープモイスチュアエッセンス、ディープモイスチュアクリーム)について、以下に詳細レビューを掲載します。


美容液・ディープモイスチュアエッセンスのレビュー

モイスチュアエッセンス
モイスチュアエッセンスお試し
ライスフォース美容液

成分:3.5点

icon-star5-3


ライスパワーNo.11、 水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、濃グリセリン、エタノール、BG、DPG、POE・ジメチコン共重 合体、オクタン酸セチル、オリブ油、植物性スクワラン、天然ビタミンE、POPメチルグルコシド、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシ ド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、軽質流動イソパラフィン、ヒアルロン酸 Na-2、グリチルリチン酸2K、POEステアリルエーテル、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、EDTA-2Na、パラベン


成分の中で、特に注目して頂きたいが『ライスパワーNo.11』です。この成分には、医薬部外品の新規有効成分の認可を受けており、『水分保持機能を改善する』働きがあります。


保湿目的の成分ですので、ヒアルロン酸やコラーゲンに近いような働きと考えて良いでしょう。


コストパフォーマンス:2点

icon-star5-2


値段はおよそ2ヶ月分で8400円しますので、美容液の中でかなり高額な商品です。


そのため良い成分はふくまれているのですが、コストパフォーマンスは悪いと言わざるを得ません。


メディア露出:5点

icon-star5-5


MORE、SWEET、美STなどさまざまな女性誌には頻繁に登場している商品のため知名度は高いです。


また、女性芸能人の愛用品としてもよく登場しており、例えば、磯山さやかさんの『ぽちゃモテ』という単行本にも愛用アイテムとして『ディープモイスチュア』が紹介されています。


勧誘:4点

icon-star5-4


電話勧誘&アンケート目的の電話は一切ありませんでした。強引な勧誘をしないので、安心して購入できるメーカーさんです。


利用者満足度:4点

icon-star5-4


使用者の92%がうるおいに満足しているため、利用者の評価はかなり高いと言えます。


総合評価:3点

icon-star5-3


ディープモイスチュアエッセンスの注目ポイントである有効成分『ライスパワーNo.11』ですが、ライスフォース販売元の株式会社アイムによると、こちらの成分はヒアルロン酸やコラーゲンの2倍以上の水分保持能力を持っているそうです。


実際にディープモイスチュアローションを使用してみても、使用後の顔全体のすべすべ感はかなり高まりましたので、効果を実感することができました。


付けたときの感触もセラミド配合美容液よりもサラサラしていたので、セラミドを含んでいる製品は苦手という方には良い商品だと思います。


ただし、翌朝の状態については、ヒト型セラミドがナノサイズで配合されている『ローションセラムE』を付けたときよりも、ほほの弾力が落ちていると感じましたので、私の場合はリピ買いするまでには至りませんでした(下記画像がローションセラムE)。

セラミド美容液
ローションセラムE

ローションセラムEは、私が継続利用中の美容液であり、詳しいレビューは次の記事でご覧いただくことが可能です。

⇒ ディセンシア・つつむトライアルセットのレビューと感想



ディープモイスチュアクリームのレビュー

成分:3.5点

icon-star5-3


ライスパワーNo.11、水、オクタン酸セチル、BG、植物性スクワラン、濃グリセリン、ジメチコン、N-ラウロイル-L-グルタミン 酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、ステアリン酸ポリグリセリル、ステアリン酸PG、ラウリン 酸ソルビタン、ミリストイルグルタミン酸Na、グリチルリチン酸2K、粘度調整剤、pH調整剤、パラベン


ディープモイスチュアエッセンス同様、医薬部外品の有効成として認可を受けた『ライスパワーNo.11』が保湿成分として含まれています。


コストパフォーマンス:2点

icon-star5-1


美容液同様、クリームの方もおよそ1ヵ月分が4000円以上しますので、かなり高額な商品です。


成分は悪くは無いのですが、値段を考えるとコストパフォーマンスがすごく良い商品とは言えないでしょう。



メディア露出:5点

icon-star5-5


内容は上述した『美容液・ディープモイスチュアエッセンスのレビュー』と同じとなりますので、そちらを参照してください。


勧誘:4点

icon-star5-4


内容は上述した『美容液・ディープモイスチュアエッセンスのレビュー』と同じとなりますので、そちらを参照してください。


利用者満足度:4点

icon-star5-4


内容は上述した『美容液・ディープモイスチュアエッセンスのレビュー』と同じとなりますので、そちらを参照してください。


総合評価:2.5点

塗ったあとのほほに感じるベタツキが、私は好きになりませんでした。


ベタツキの原因が『ライスパワーNo.11』を、クリームだから美容液よりもたくさん入れているためなのか、粘度調整剤の影響かは分かりませんが、あまり好んで使う気にはなれなかったです。


また、値段が1個8400円する高額なところも継続利用をするには、ネックになるのでクリームもリピート購入はしませんでした。


以上の結果から、クリームについてはライスフォースのディープモイスチャシリーズはお勧めしません。ベタツキが少ないものがお好みの方は『つつむクリーム』、より保湿力の高いものを選びたかい方は『ヒフミドクリーム』の方を当サイトのではお勧めします。


詳しいレビューは下記サイトからご覧いただけますが、どちらもライスフォースのクリームより安く買うことが可能です。


■つつむのレビューはこちら(↓)
ディセンシア・つつむトライアルセットのレビューと感想【自腹購入済み】


■ヒフミドのレビューはこちら(↓)
ヒフミドの感想とレビュー【実際に使用してみた口コミ情報】



賢い購入方法

ライスフォースお試し

クリームの方は、値段や使用感の面から当サイトではお勧めしませんが、美容液のディープモイスチュアエッセンスについては、セラミド配合の美容液が苦手だけど、敏感肌や乾燥肌の対策をしたい方には試していただきたい製品です。


次のライスフォース公式サイトから、ディープモイスチュアエッセンスを含むエッセンスを購入することができますので、通常盤を買う前に、まずはそちらを試してみるのが賢い購入方法となります。

yajirushi
ライスフォース公式サイトへ



3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ