ビーグレン・Cセラムとモイスチャライジングゲルの自腹購入者の口コミ

ビーグレン(b.glen)のトライアルセットを取り寄せて、実際に使ってみました。そのトライアルセットに含まれていた製品の中から美容液の『Cセラム』と保湿クリームの『モイスチャライジングゲル』について、感想と評価を紹介します。


私自身が自腹購入をして、実際に使用した上で正直な感想を書いていますので、本当の口コミ情報をチェックしたい方のご参考になれば幸いです。

ビーグレントライアル

ひとこと感想:美容液のCセラム、モイスチャライジングゲルともに成分はまぁまぁ良い商品だと思いますが、値段に関しては成分を考えると高いように感じました。


商品概要

ビーグレンお試し
  • 商品名:b.glenトライアルホワイトクリームexセット
  • 販売:リジェンティス株式会社
  • 価格:1,890円
  • 送料:無料
  • 返金保証:なし
  • セット内容:Cセラム、ホワイトクリームEX、10-YBローションさっぱりタイプ
  • おまけプレゼント:モイスチャライジングゲル※

※おまけプレゼントは時期に応じて変わるようで、私が購入したときには保湿クリームの『モイスチャライジングゲル』をプレンゼントしてもらいました。


本記事の冒頭でも書いたように、今回の記事ではトライアルで受け取った商品の中から、美容液の『モイスチャライジングゲル』とフェイスクリーム『モイスチャライジングゲル』について、以下に詳しくレビューをしていきます。

ビーグレンの美白セット

Cセラムのレビュー

Cセラム
Cセラム美容液

成分:2点

icon-star5-2


Cセラムの全成分は以下の通りです。

PG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7


ビタミンC誘導体の『アスコルビン酸』が入っているので、ダメージに強い肌を作るためには役立つでしょう。


ですが、それ以外に敏感肌や乾燥肌や敏感肌の対策に、ぜひ使って欲しいと思える成分はありませんでした。


コストパフォーマンス:2点

icon-star5-2


およそ1ヵ月分が4,900円しますので、成分の割には値段が高いと感じずにはいられません。


メディア露出:3点

icon-star5-3


テレビや雑誌での紹介はあまり見かけません。


勧誘:4点

icon-star5-4


電話勧誘およびアンケート目的の電話はこれまでにかかってきことはありませんでした。ですので、強引な勧誘は心配しなくて良いでしょう。


総合評価:2点

icon-star5-2


実際に使ってみた私の感想は、『ビタミンC誘導体が含まれている普通の美容液だなぁ』という印象でした。


肌に付けた感触は化粧水のようにサラサラで気持ち良く、成分にもビタミンC誘導体の『アスコルビン酸』が含まれているので、内容は悪くないと思います。


しかし、あくまでも悪くない製品であり、それ以上でもそれ以下でも無いというのが正直な気持ちです。


また、実際に使うことを考えると、15gが4900円もする高額な商品ですので、コストパフォーマンス面を考えると継続利用する気にはなれませんでした。


敏感肌・乾燥肌対策で使うのでしたら、ナノサイズ化されたサラミドが配合されたディセンシアの『つつむ・ローションセラムE』をお勧めします。価格も約2ヶ月分が3570円ですので、1ヵ月分は千円台で使用可能です。

セラミド美容液
ローションセラムE
ローションセラムE
yajirushi
つつむトライアル

■参考記事:ローションセラムEの口コミと感想【自腹購入済み】


モイスチャライジングゲルのレビュー

モイスチャライジングゲル
モイスチュアライジングゲル

全成分:2点

icon-star5-2


モイスチャライジングの全成分は以下の通りです。

水、水溶性コラーゲン、PEG-8、グリセリン、スクワラン、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、レシチン、シクロメチコン、PCA-Na、パルミチン酸イソプロピル、キュウリ果実エキス、カミツレ花エキス、アロエベラ液汁、酢酸トコフェロール、パルミチン酸レチノール、ヒアルロン酸、EDTA-2Na、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸、メチルパラベン、プロピルパラベン


この中で特に保湿に力を発揮する成分は『コラーゲン』と『ヒアルロン酸』になるのですが、どちらも『水を抱える』タイプの保湿成分です。


そのため、水を挟み込むラメラ構造ができる『セラミド』を含む製品と比べると保湿力では見劣りしてしまいます。


コストパフォーマンス:2点

icon-star5-2


Cセラム同様に1個4900円する商品ですので、決して安くはありません。成分を考えるとコストパフォーマンスが高いとは言えないでしょう。


メディア露出:3点

icon-star5-3


Cセラムと同じく、テレビや雑誌での紹介をあまり見かけません。


勧誘:4点

icon-star5-4


電話勧誘、電話によるアンケート調査がともにありませんでしたので、強引な勧誘については心配しなくて良いでしょう。


総合評価:2点

icon-star5-2


成分の欄でも書きましたが、水分保持力が最も高いとされている成分は、現時点ではセラミドと呼ばれる物質となります。


しかし、モイスチャライジングゲルには現時点でセラミドは配合されておらず、主な保湿成分はコラーゲンとヒアルロン酸です。そのため使用後の潤いや肌弾力を重視すると、どうしても上記のような評価点数となってしまいました。


もちろん、コラーゲンやヒアルロン酸もセラミドが化粧品に配合されるまでは、高評価されていた成分ですので、良いものであることは違いありません。


ですが、1個4900円という価格は、成分の割には高いと感じてしまうので、継続利用する気持ちにはなれませんでした。


どうせ高いお金を払うのでしたら、小林製薬のヒフミドのような高濃度のヒト型セラミドが配合されたクリームを使うことを私はお勧めします。

yajirushi
ヒフミドトライアルセット

■参考記事:ヒフミドの口コミと感想【自腹購入済み】


まとめ

ビーグレントライアル
ビーグレンのCセラムとモイスチャライジングゲルをレビューした感想ですが、どちらも成分的には悪くないとは思います。


しかし、その成分に対して値段が高いように私は感じましたので、当サイトではお勧めすることはできないという結論に達しました。


ディセンシアのつつむシリーズのようにコストパフォーマンスが良い商品や、小林製薬のヒフミドのように値段は高いけども良い成分が配合されている製品もありますので、そのような製品を使うことを私は推奨します。


どちらの商品も現在自身が使用しているシリーズであり、美容液には『つつむ・ローションセラムE』を、クリームには『小林製薬のヒフミドクリーム』を活用中です。


それぞれの詳細は以下からチェック可能ですので、よかったらチェックしてみてください。

つつむトライアル
つつむクリームと美容液
⇒ つつむトライアルのレビューはこちら

※ 私は美容液のローションセラムEをリピート使用中です


ヒフミドトライアルセット
ヒフミドクリームと美容液
⇒ ヒフミドお試しセットのレビューはこちら

※ 私はヒフミドクリームを継続的に利用しています


3ステップで実践する正しい保湿マニュアル

正しい保湿方法 敏感肌対策

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ